FC2ブログ

記事一覧

バルセロナ、新型コロナウイルスのパンデミック1年!

1年になりました・・・

カタルーニャでは、新型コロナのため、ちょうど1年前(2020年3月13日に)緊急事態が宣言されました。
僕は最後に仕事したのは、2020年3月11日でした。1年前から仕事は全く出来ません・・・

仕事なしの1年間が速く経ったか?ゆっくりと進めたか?
答えるのが難しい・・・

カタルーニャでは、2020年3月13日に全てのお店、ショッピングモール、散髪屋、スポーツクラブ、学校、レストラン、映画館、図書館、観光地などが急に閉めました。
その時のテレビ・ニュースを見ていたら、グラシア大通り、カタルーニャ広場、ランブラス通りには、誰もいませんでした。誰も!
夜、山から下りて来たイノシシは、バルセロナ中心地まで足を延ばしましたよ!

不可欠なお店(スーパー、八百屋)で働く人以外、(私のような人は)6月中旬まで、3ヶ月(!)、家から出られなかったです・・・
3ヶ月で6回だけ家を出て(緊張しながら)近所のスーパーに行ってきました。ずっと家にいました。

夜8時に多くの市民は、バルコニーに出て、お医者さんや看護婦さんのために長く拍手しました(イタリアで始まったことかな?)。
病院は、本当に危なかったですね・・・

2020年の6月中旬にやっと(!)制限が少し変わり、一般の市民は、3ヶ月振りに街を歩くようになりました。

家を出た時、すでに夏でした!
2020年は、春が無い年でした・・・

マスクに慣れていなかったヨーロッパ人は、その時からマスクをします。
どこに行っても「ソーシアルディスタンス」と「消毒液」のことを忘れないように、看板が置いてあります。

私は1年で、散歩したり、勉強したり、テレビを見たり、『カタルーニャ観光』のHPを書き直したり、ソーシアルメディアでコメントを書いたりしました(昼寝もよくしました・・・)。
本をたくさん読みましたよ。普段は、暇な時間があまりないので、パンデミックは本をたくさん読むチャンスですね!
1年で、7~8回しかバルセロナ中心地に行かなかったし、地下鉄や電車にあまり乗りませんでした。

カタルーニャでは、去年の3月から今年の3月までは、2万人以上(特に老人ホームに住んでいる年配の方)が亡くなりました。

バルセロナのお店、3分の1が潰れたらしいです。
ただ、バルセロナ旧市街や観光地ではないエリア(例えば、僕が住んでいる地区)のお店は、臨時休館してから営業を続いています。
レストランやバルは本当にかわいそう・・・政府によって、「今週は営業が出来る」、「来週は営業は出来ない」、急に制限が変わるので、営業が出来るかどうかは、全く想像できません・・・
長い間、営業が出来ないので、お店の冷蔵庫に入っている食べ物を全~部捨てられるケースも聞きました・・・
カタルーニャでは、失業者が労働力人口の14%ぐらいになっています(スペイン全国では、失業者が400万人に近いです!)。

1年前のテレビ・ニュースで「鼻の奥まで綿棒を挿入してPCR検査」ばかり出ていました・・・
最近は、テレビ・ニュースを見たら、毎日、ワクチン接種される人が放送されます。毎日!
ところで、現在カタルーニャに住んでいる人の10%がすでにワクチン接種されました(ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ)。それで、新型コロナウイルスの新しい感染者が減ってきました。

例年と比べると、今月バルセロナ空港のフライトは、13%のみ運航します。
バルセロナのホテルは、56%ぐらい営業しています(今月末からもう少し多くなると聞きました)。

サグラダファミリア

観光地(ランブラス通り、バルセロナ旧市街など)に行ったら、営業するお店があまりないです・・・
多くの観光スポット(サグラダファミリア、コロニアグエル、カンプノウ・スタジアム、カサ・バトリョ等)が閉まっていて、内部見学は全く出来ません。
ある観光スポット(ピカソ美術館、カサミラ、グエル邸、サンパウ病院など)の見学が出来ますが、週に数日しか開いていません。

去年の10月頃からバルセロナの市民は、バルセロナ市を出ることは出来ません(通勤する人のみ移動できます)。
3週間後にイースター休みです。制限がよく変わるので、これから多~分バルセロナを出ることが出来るようになるでしょう。
しかし、これからも(いつまで?)、高速道路、国道、列車、高速列車で移動する人にとっては、カタルーニャの国境が閉まっています。
ところで、現在も夜10時から朝6時まで門限があるので、市民は家にいて、外に出られません。

観光ガイドの仕事が(再び)始まったら、開いているレストラン、観光地の新しい開館時間・料金などを調べます。
これからもバルセロナとカタルーニャをご案内させていただくことを楽しみにしています!(笑顔)

皆様、お体にお気を付けて下さい!

バルセロナにて、
ティエリー

カタルーニャ観光(バルセロナ観光ガイド)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カタルーニャ観光

Author:カタルーニャ観光
バルセロナ 観光
バルセロナ観光情報
バルセロナ観光ガイドのブログ