FC2ブログ

記事一覧

カサ・バトリョ(ガウディ建築物)がリフォーム中!

2018年の10月から、バルセロナ中心地(グラシア大通り)にあるバトリョ邸の2階が・・・リフォームされています。。。

52歳のガウディ建築家は、2年をかけて、1904年から1906年まで、すでにあった建物の外観と内装をリフォームしました。
元々、”普通”の建物でしたが、ガウディのお陰でバトリョ邸が完全にリフォームされて、とても珍しい建物になりました。

カサ・バトリョが本当に目立ちます!(笑)

2005年にカサ・バトリョが、ユネスコの世界遺産に登録されました。

19世紀の終わり頃の話ですが、オーナーさんのバトリョ氏が、バルセロナ出身の実業家でした。
織物の工場を真面目に経営していたバトリョ氏が、大金持ちになりました。

120年前の大金持ちは、素敵なエリアに住みたがっていました。素敵なエリア??
バルセロナ新市街(アイシャンプラ地区)、特に高級エリアのグラシア大通りが、人気エリアでした。

------

100年ぐらい前にデザインされた部屋が、少しずつ古くなりました。また、大勢の観光客が見学するので、最近、2階のリフォームが必要になりました。

それで、2ヶ月ぐらいから、2019年5月ぐらいまで、カサ・バトリョの2階(一番立派なフローア)が、少しずつ修復されます。


部屋の壁には、魚のうろこがたくさん書かれています。きれい!
去年の秋まで、床から天井まで、うろこがたくさん書かれていましたが、すでに修復された部屋は、デザインが変わってきました。高さ1、5メートルから天井までだけのウロコになりました。

------

パイプ足場を組んで、仕事中の労働者が少しうるさいですが、見学が可能です。
(バトリョ邸の一部が見えないのに、チケット代がそのままです。。。)

ちなみに、オンライン予約すると、チケット代が4ユーロ安くなります:
カサバトリョ・チケット予約


専門家の仕事が見えるので、一つの魅力かもしれません。。。(笑顔)

カサ・バトリョの修復
一時的な壁が造られたので、部屋の一部しか見えません。


バトリョ邸のリフォーム
パイプ足場が多い。


修復している専門家
仕事中の専門家。


工事が早く終って欲しいですね。。。



カサ・バトリョ:

観光情報(住所、アクセス、チケット代、写真)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カタルーニャ観光

Author:カタルーニャ観光
バルセロナ 観光
バルセロナ観光情報
バルセロナ観光ガイドのブログ